sign.png

クラブについて

子どもたちの未来は、ここからはじまる。

 人生は長い。しかしだからこそ、子どもたちにとって、初めての社会生活の場である幼稚園が大切なのである。かといって幼稚園は、小学校でいい成績を取る準備のための学習塾であってはならない。

 感じる力も、考える力も、生み出す力も、幼児期の生活が、あらゆる意味で子どもにとって豊かであることから育まれる。そう強く願う幼稚園を、生活の場としてこそ、子どもたちは自分自身で「人間らしい豊かな生活」をあたりまえのものとしていくのである。 

 子どもたちの未来は、そこから明るく開いていくものと確信する。

 園長 小林直樹


クラブについて

学校法人 富士中央幼稚園

TEL  0545-60-0700

住所 富士市蓼原113-15

定員   130名

学年 満3歳児  りす組
   年少児  うさぎ組
   年中児  きりん組
   年長児  くじら組

   2歳児(子育て支援)

※完全給食
※スクールバス
※放課後保育制度あり(朝と帰りの、預り保育制度)
〜 あと de かえる 〜
※新制度による費用体系になります。
※空気清浄機 全室完備(加湿機能付)


クラブについて

富士中央幼稚園の教育目標

豊かな生活の習慣を培う
  見て 聞いて 感じる心 
  感じ 考えて 生み出す身体
  生み出し 分け合い 喜ぶ仲間
 
     願う子どもの姿は……
       元気いっぱい

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※    
 ※  ※  ※  ※  ※  ※   ※  ※   ※

「少人数教育」の良さを十分にいかし、きめ細やかな対応をしながら
次のことを目指し、丁寧に取り組んでいきます。

主体的に生きる力と、 社会性とが、相反せず共存する個を育成する。
人間的に明るく豊かである生活を、自然に培うことのできる力を育む。
・一人一人の子どもが、自らの五感を存分に発揮できる体験の、量と質
 を高めることを、教育環境づくりの土台とする。




クラブについて

a one-year plan 

1年のおもな行事

1学期

入園式
防犯教室(年長・年中)
春の遠足
ブラッシング指導(年長)
内科検診・歯科検診
父親ファミリー参観
交通教室 花火教室
懇談会
こどもまつり
 
2学期
おじいさんおばあさんお元気でね会
運動会(於.中央小)
秋の遠足
生活発表会(於.ロゼ)
クリスマス会
もちつき
個人面談
 
3学期
豆まき
The Art Season part1
 創作コーナー&教育講演会&作品展示
The Art Season part2 
 親子造形活動(年中・少)
The Art Season part3
 アートシアター(年長)
The Art Season part4
 お別れ遠足(年長) 創立記念日
懇談会  卒園式 
 
その他、ころび方教室、体操教室、歌唱指導、園外保育、
木工活動、菜園活動、保育自由参観、給食参観、アートの日、
避難訓練など適宜実施しています。
また、課外教室も実施しています。(書道教室、スイミング、サッカースクール)


クラブについて

子育て支援・子ども自立支援
あと de かえる

 ちゅうおう幼稚園の延長保育制度、預り保育の新たな名称は「あと de かえる」。これまではあくまで大人主体でお子様を「お預りする」という呼び方でしたが、なんとなく大人の都合、という感じの違和感があって、いい名称はないものかと長年思案して参りました。「○○クラス」みたいな呼び名もさんざん考えました。が、どうもしっくりこない。しかし、「あと de かえる」なら、どこまでも子どもが主人公です。
 「もうちょっと園で遊んでいきたいから、あとで帰る!」
 「やったあ! 今日はあとで帰るから、まだ友達と遊べる!」
 「じゃ、あとで帰るから、ヨロシク!」と 、カッコよく大人に背を向けながら、まっすぐ前を見て 片手を上げる感じで、主体的な遊びの時間、年齢やクラスの垣根を超えた仲間達との時間の中に突入していくような語感。言葉一つのことですが、子どもはきっと、ちょっとした冒険気分でワクワクしてくるでしょう。
 「 今日は“あと de かえる” で 」
 お仕事やご用事ばかりでなく、体調の優れないとき、また大人の習い事や趣味の時間、お買い物など、少しリフレッシュして笑顔でお子様と向き合いたいとき……。お子様の自立と子育てを支える「あと de かえる」なら安心してご利用いただけます。気軽にお声をかけて下さい。