本門法華宗 蓮池山 長学寺 玄関 お寺の紹介 お寺の景観 墓地のご案内 永代供養墓
行事のお知らせ メディア紹介 交通案内 お問い合わせ


 


  行事のお知らせ

 長学寺 主な年間行事
4月 夜桜コンサート
※長学寺は境内を会場提供するのみです。
10月 13日 日蓮聖人お会式法要・万燈練り供養
5月   11月 23日 富士てがみまつり
※長学寺は境内を会場提供するのみです。
6月   12月  
7月   1月 元旦
新年祈祷会・寒修行
8月 日蓮聖人ご真筆曼荼羅ご本尊虫干し会 ・ 檀家総会 2月 寒修行・節分会・豆まき
9月   3月 春季彼岸お中日法要・子育て地蔵祭

   

平成29年度の行事

平成30年2月3日㈯  午後7時~  〔 節分会 豆まき大会〕

寒修行の最終日は節分の日。厳しい寒さだった1月ですが、当日は風もなく比較的穏やかな日となりました。通常、午後7時から行う寒修行ですが、この日は午後6時から約45分かけて吉永地区を唱題行脚し、その後、午後7時から本堂にて節分会 豆まき大会を執り行いました。

豆まきの恒例のかけ声といえば「鬼は~外 福は~内」ですが、 長学寺のかけ声は「福は~内」だけです。このかけ声とともに、今年も皆様の招福と世界の平和を元気に祈願いたしました。

その後、客殿では無事に終えることができた寒修行の満行祝いを行い、今年は4名の方が皆勤で参加してくださいました。本当にありがとうございました。


※再生時の音量にご注意ください。




平成30年1月5日㈮〜2月3日㈯  午後7時~  〔 寒修行 〕

毎年、暦の小寒から節分まで行う寒修行。今年は1月5日から2月3日まで30日間でした。 1年で一番寒い時期に行うことが常ですが、大寒あたりからここ最近にないほどの寒さでした。そのような中、団扇太鼓の音が近づくと、玄関先で手を合わせていただく姿を拝見し大変励みになったものです。

長学寺の伝統ともいえる「寒修行」。これからも皆様の無病息災、家内安全を祈願しつつ、この伝統を守っていく所存です。

来年もぜひこの吉永地区をご一緒に唱題行脚いたしましょう!


※再生時の音量にご注意ください。




平成30年1月1日㈪㈷  午前0時~  〔 新年祈祷会 〕

12月は例年になく寒い日が続きました。
大晦日は曇り空で小雨も降りましたが、新年を迎える頃には綺麗な星空となっていました。

皆様には、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

さて、長学寺は本来「長學寺」と書きます。學は「へん」の二つの × が人の手で、両側に大人たちなので、複数の大人が、みんなでひとりの子を立派な人にするために「引っ張り上げる」という意味です。

私の想像ですが、大人の手がお題目、子が私たちと置き換えると、そこにはお釈迦様の救済のお姿があるのです。

「長學寺」は長い間、お題目の手で人々を救うことに長けているお寺です。
その長い伝統を守るべく今年も寒修行に精進いたします。

合 掌

■寒修行のお知らせ
1月5日㈮より2月3日㈯まで行っております。どなたでもご自由に参加できます。  ※詳しくはお寺までお問い合わせください。



※再生時の音量にご注意ください。




11月23日㈷ 午前10時〜 〔 第21回 富士てがみまつり〕
主催:富士てがみまつり実行委員会
※長学寺は境内を会場として提供するのみです。

●当日の様子 (11/28㈫ up)




10月8日㈰  午後4:30〜
 〔 宗祖日蓮大聖人お会式法要 万燈練り供養 〕

日中は、汗ばむほどの陽気となりました「お会式法要 万燈練り供養」の日。
今年は例年より多くの方にお参りいただき、大変うれしく思います。
お会式法要は、736回目を迎える日蓮大聖人の命日に、その「徳」に対して感謝をする日です。
日蓮大聖人は「立正安国論」により、お題目の心をもって国を運営することを説きました。今まさに、日本の平和や今後の国の運営のかじ取りが問われれているようです。
皆様も国民の一人として、今後の道しるべをどのようなものにしていくか・・・考えてみるのもいかがでしょうか。
さぁ、万燈練り供養は気軽に参加できますので、ご一緒に報恩感謝のお題目を唱えましょう!


※再生時の音量にご注意ください。


※再生時の音量にご注意ください。


※再生時の音量にご注意ください。





8月10日㈭  午後2:00〜
 〔 日蓮聖人ご真筆大曼荼羅ご本尊虫干し会 檀家総会 〕

当日は曇り空で少し蒸し暑く、曼荼羅の虫干しには今一つの日でしたが、 無事に執り行うことができ大変感謝しております。
また、今年は新盆をむかえる方が多くいらっしゃり、 お集まりいただいた皆様とともにご供養いたしましたが、 先代住職の教えでもある、檀家の皆様は親戚である…ということを改めて肝に銘じる次第です。
このようなご縁を大切にしながら、また、約300年以上も前に本山光長寺様より寺号を拝受した初心を忘れることなく、 これからも精進していく所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。


※再生時の音量にご注意ください。






[TOP]

 
copyright