栗沢山(2,455m)とアサヨ峰(2,799m)

2017年9月23(土)〜24日(日)


2日目 北沢峠(こもれび山荘)〜栗沢山〜アサヨ峰(往復)

奈良田温泉第2駐車場はガラ空きでした バス停はこんな感じ 仮設トイレがあります
野呂川広河原インフォメーションセンター  記念碑1 その1 記念碑 その2
栗沢山から撮影しました … 甲斐駒ヶ岳
 栗沢山からアサヨ峰までの尾根上で撮影しました … 甲斐駒ヶ岳
北岳 仙丈ヶ岳 栗沢山と甲斐駒ヶ岳
北岳と間ノ岳  仙丈ヶ岳 甲斐駒ヶ岳
仙丈ヶ岳から南に延びる仙塩尾根   
北アルプス 槍・穂高連峰もよく見えました
奥がアサヨ峰です 手前の偽ピーク これが本当のアサヨ峰
見事な雲海です 地蔵ケ岳のオベリスク 富士山
 山頂標識(縦)と北岳 山頂標識(縦)と仙丈ヶ岳 山頂標識(横)と北岳
 山頂標識(横)と仙丈ヶ岳 お天気に恵まれました 早川尾根と鳳凰三山
早川尾根の向こうに鳳凰三山と富士山
絶景です いつか歩いてみたい早川尾根 野呂川が見下ろせます 




おまけ

生ビールあります TJARの貴重なゼッケン 夕食 … お腹一杯になります 朝食のお弁当 … 味噌汁のサービス付き


《コメント》

1日目は奈良田からゆっくり北沢峠に入り、こもれび山荘に1泊。、
2日目の夜明け前から登り始めました。

2日目、5時過ぎにこもれび山荘を出発し、長衛小屋の脇から登山道に入っていきました。
左を進み沢沿いに行けば仙水小屋を経由して仙水峠に至ります。
今回は、右に進み(と言うより直進)栗沢山への直登コースを上りました。
夜明け前の登山道にヘッドライトを付けて入っていくのは、
恐怖感との戦いでした。
また、コースを外れないように
ピンクのマークを探しながら慎重に登っていきました。

栗沢山は宇多田ヒカルさん出演の「サントリー  南アルプスの天然水」のCMロケ地となった山で、
最近人気が出ています。
登山口からのコースタイムは2時間です。
ほぼ直登の登山道を緩急を繰り返しながらダラダラと登っていきます。
どちらかと言うと急登が多い樹林帯の登山道は眺望もなく
忍耐が求められます。
樹林帯が終わり、視界が開け、ハイマツが姿を現すと頂上が近いことを予感させます。
眺望も一気に開け、周囲の山々が見渡せるようになります。
更にひと登りすると岩場に出ます。
山頂までは目と鼻の先です。
栗沢山の山頂から望む甲斐駒ヶ岳は本当に素晴らしいです。
栗沢山の頂上は帰りにも寄るので、休憩は短めにして、
早々にアサヨ峰に向けて出発しました。

栗沢山からアサヨ峰までは厳しい岩場の連続です。
一旦下り、登り返します。
この登り返しがこのルート一番の難所です。
鎖場や梯子はありませんが、両手も使わなければ登れない場所が所々にあります。
ストックは邪魔になるので、栗沢山の山頂でしまっていきましょう。
登り詰めたピークは本当のピークではありません。
アサヨ峰の本当のピークはもう一つ先にある、もう一段高いピークです。

アサヨ峰は「絶景が望める眺望の山」でした。
いつもは置いていく一眼レフカメラを持って行って本当に良かったです。
360度の眺望は圧巻でした。

栗沢山からアサヨ峰山頂までのルート上で見えた「日本百名山」は次の通りです。
(但し、私が識別できた山のみ)

北岳
間ノ岳
仙丈ヶ岳
甲斐駒ヶ岳
鳳凰山
乗鞍岳
槍ヶ岳
穂高岳
立山
八ヶ岳
富士山
塩見岳

雲一つない快晴のお天気なら
八ヶ岳も北八ヶ岳の方まで、
そして、奥多摩の山々までもっと多くの山々が見渡せたでしょう。