黒百合ヒュッテと賽の河原

2014年10月11日(土)

渋御殿湯〜黒百合ヒュッテ〜中山峠〜中山〜高見石小屋〜賽の河原〜渋御殿湯

登山口直下にあります 小屋で登山届けを出し、橋を渡って出発です(この写真は下山したときに撮りました)
歩きはじめはこんな感じ(結構勾配あります) 最初の休憩地点 休憩地点からはしばらく緩斜面の登り
一旦下ります 八ヶ岳らしい登山道です 森の中を登っていきます
森の中のトレッキングは気持ちが良いです 苔むしたこの感じが最高です いつまでも歩いていたくなります
黒百合ヒュッテ
中はこんな感じです 注文を受けてから焼いています
中山峠 硫黄岳がよく見えます こっちへ下ると「にゅう」
高見石小屋 草麦峠方面との分岐 ほぼ平坦な道
「賽の河原」に突入 思わず手を合わせました 「賽の河原」を見上げました

名湯 渋御殿湯

奥が源泉(冷泉)の「渋御殿湯」。手前が足元沸出の「渋長寿湯」。
写ってはいませんが、もう一つ手前に沸かし湯の温泉があります。


《コメント》

人気の山小屋黒百合ヒュッテまでハイキングに行ってきました。
今回はどこのピークも踏みませんでしたが、
往復してくるのは面白くないので、
黒百合ヒュッテから中山峠を経由して高見石小屋に下り、
更に、高見石小屋から賽の河原を下って、スタート地点に戻るという周回コースをたどりました。

スタート地点は、渋御殿湯です。
渋御殿湯は奥蓼科温泉郷に属しており、県道191号線(湯けむり街道)の終点に位置しています。
ここまで車で入ってこられるのはとても便利です。
駐車場は、渋御殿湯に宿泊する場合は渋御殿湯の駐車場ですが、
日帰りの場合には、少し下の駐車場になります。
もちろんバスもありますが、本数は少ないです。
冬期も車で入ってこられます。

渋御殿湯で宿のご主人に駐車場の場所を尋ねると、
「5時までには戻って来てください」と言われました。

昔は、渋御殿湯の上にもう一軒お宿があったようです。建物が建っていました。
さて、渋御殿湯の駐車場で身支度を調えて、歩き始めます。
沢沿いに登っていくと、小屋があり、そこに登山届けとポストが置いてありました。
日帰りですが、御嶽山のこともあったので、登山届けをきちんと提出しました。
橋を渡ると、いよいよ登山道の入り口です。
黒百合ヒュッテへは、左手に高見石へ登っていくルートを分けて、右側に進んでいきます。
標識が立っているので、間違うことはないでしょう。
登りはじめからいきなりの急登ですので、ペースをつかむまではゆっくり進みます。
途中から、それ程きつくない同じような勾配の斜面をだらだらと登っていくようになります。
だらだらと登っていきますが、息が切れるということはありません。

登り切ったところに、最初の休憩をするのに適した平らな場所に出ます。
ここは唐沢鉱泉から登ってくる道と同流する地点でもあります。

ほぼ平坦な道を進んでいき、一旦下ります。
ここからが本格的な登山道です。
この辺は南八ヶ岳の一番北の方に当たります。
南八ヶ岳の岩稜地帯とは違い、森の中の苔むした登山道で、
岩もごろごろしていますが、とても気持ちのよい登山道です。
いかにも北八ヶ岳といった感じの登山道で、まるで「トトロの森」を歩いているようです。
登り詰めたところが「黒百合平」で、そこに黒百合ヒュッテは建っています。
最初の休憩地点からは、ほぼ1時間です。

黒百合ヒュッテでは多くの登山者が昼食をとっていました。
黒百合ヒュッテは、グルメサイトにも掲載されているほど、
食べ物の美味しい小屋です。
一つ一つが手作りで、注文してから少々時間がかかりますが、
味にこだわっていることがよく分かります。
時期的に生ビールはもうありませんでしたが、
それでも、まず缶ビールを注文し、持参したおつまみで乾杯しました。
その後で、出発前から決めていた「カレーうどん」を注文しました。
噂に違わぬ本格的な和風カレーうどんで、大満足の一品でした。

黒百合ヒュッテを出発し、中山峠(2,410m)を経由して中山(2,496m)に達し、
高見石小屋(2,249m)まで下りました。
中山から高見石小屋までの下りは、岩がゴツゴツしていて、本当に歩きにくい下山道です。
ここは以前にも歩いたことがある道でしたが、やっぱり歩きにくかったです。
高見石小屋も多くの登山者で賑わっていました。

高見石小屋から渋御殿湯までが、このルートの核心部です。
「賽の河原」という地獄を彷彿させる恐ろしい名前の下山道を通らなくてはなりません。
「賽の河原」は大きな岩がゴロゴロと敷き詰められた場所で、
歩行する際には一瞬たりとも気を抜けません。
岩にマークはしてありますが、登山道が明確にあるわけではありません。
マークのある方に岩の頭から頭を渡るようにして下っていくしかないのです。
岩場が苦手な人は立ち入らない方が良いでしょう。
ここを登りに使うのもどうかと思います。
永遠に続くのではないかと思う程、岩場は長く続きます。
途中、お地蔵様が立っているところがあり、無事の下山を願って、思わず手を合わせました。
賽の河原を抜けても、しばらく岩のゴツゴツした荒れた登山道が続きます。
余り通る人がいないのでしょう。整備されているとは言い難かったです。

渋御殿湯は信玄の隠し湯としても知られています。
信玄の隠し湯は冷泉であることが多く、渋御殿湯も源泉は冷泉です。
宿は本館と新館とに分かれていて、有名なお風呂は本館にあります。
立ち寄り湯の場合は本館のお風呂に入ることができません。
本館のお風呂に入らなければ意味がないと言っても過言ではありませんので、
宿泊されることをお薦めします。
ビックリするほど良心的なお値段で宿泊することができます。