万二郎岳(1,299m)〜万三郎岳(1,405m)

2013年7月30日(火)

天城高原ゴルフ場駐車場〜四辻〜万二郎岳〜石楠立〜万三郎岳〜石柱〜四辻〜天城高原ゴルフ上駐車場

無料駐車場はゴルフ場入り口の手前です コース入り口の案内表示 … 八丁池を経由して天城トンネルまで縦走できます
四辻(最初の分岐)を左に進みます 万二郎岳山頂(1,299m) 記念撮影
目指すは最高峰=万三郎岳(向こうのピーク) こんな所もあります 馬の背は気持ちの良い場所ですが、この先、最後の急登
万三郎岳山頂(1,405m) 記念撮影 万三郎岳下分岐を右に進みます


《コメント》

「天城山(あまぎさん)」という名の山はありません。
天城山は、静岡県の伊豆半島中央部の東西に広がる連山の総称で、
天城連山や天城山脈と称されることもあります。
最高峰の万三郎岳(ばんざぶろうだけ 1,405m)、万二郎岳(ばんじろうだけ 1,299m)、遠笠山(とおがさやま 1,197m)等の山々から構成されています。
今回のコースは、2つの主峰を巡る「シャクナゲコース」と呼ばれるハイキングコースで、
一般的なコースタイムは5時間です。
「シャクナゲ」という名が付いているとおり、シャクナゲの花の咲く5月がベストシーズンです。
今回は、本格的な山行に向けてのトレーニングとして、歩いてきました。

天城高原ゴルフ場のすぐ手前にハイカー用の無料駐車場があります。
伊豆スカイラインの終点である天城ICを降り、すぐに右折し、ゴルフ場まで道なりに進みます。
駐車場にはトイレがあります。自販機はありませんので、水はしっかり準備していきましょう。
トイレ建屋の外には外水道が設置されており、下山した際に、汚れた登山靴を洗えるようになっています。
コース入り口は道路の反対側にあります。
コースの至る所に案内表示があり、迷うことはありませんので、安心してコースに入っていけます。
歩き始めて20分位すると、「四辻」の分岐点にさしかかります。
シャクナゲコースは周回コースになっています。
「四辻」をスタート地点として、時計回りに回った方がよいでしょう。
万二郎岳山頂まではだらだらとして登りです。途中、休憩するような場所もないので、一気に登ってしまうとよいでしょう。
万二郎岳山頂を少し進む地点から、これから向かう石楠山や万三郎岳を望むことができます。
万二郎岳から万三郎岳までは稜線の縦走路です。全体的にそれほど大変なコースではないのですが、
馬の背を過ぎた地点からの万三郎岳山頂手前の最後の登りは結構きついです。
万三郎岳山頂は眺望がありません。
それに、ハイカーが捨てたゴミにハエが群がっていて、食事休憩には不向きです。
ハイカーのマナーが問われます。
ハエや虫が気になって仕方なかったので、おにぎりをむさぼり、記念撮影をし、早々に万三郎岳山頂を出発しました。
10分程歩くと、万三郎岳下分岐点にさしかかります。
分岐点を右に折れ、下山道に入っていきます。
最初から結構な斜度の木製階段を200m程一気に下っていきます。
一段一段が高くなっている所もあり、決して歩きやすい道ではありません。
その後は、山肌に沿ってアップダウンを繰り返し、何カ所か沢を渡りますが、
沢はいずれも枯れていて、岩がごつごつしていて歩きにくいです。
「石柱」という地点がほぼ中間地点です。ここまでが結構長く感じました。
「石柱」から先は、それまでに比べて歩きやすくなりますが、
だらだらとした下りではなく、多少のアップダウンを繰り返しながら徐々に下っていき、
「四辻」にたどり着きます。
ここからコース入り口まではあと20分程ですが、
最初は登りなので、ここで、最後の休憩をとるとよいでしょう。

コース中に、トイレも水場もありませんので注意してください。
やはり、5月のシャクナゲの季節に訪れるのがよいでしょう。

天城山縦走路マップはここをクリック
↓↓

map