乗鞍岳(3,026m)

2009年8月24日
岐阜県側から登頂

2009norikura01.jpg (37400 バイト) 2009norikura02.jpg (36453 バイト) 2009norikura03.jpg (48249 バイト)

アカンダナ駐車場〜平湯バスターミナル間 無料シャトル

スタートは畳平(2,702m) 畳平からお花畑をのぞむ
2009norikura04.jpg (37079 バイト) 2009norikura05.jpg (32453 バイト) 2009norikura06.jpg (43391 バイト)
畳平方面を振り返る 遠くに槍ヶ岳が見える コロナ観測所と残雪
2009norikura07.jpg (48573 バイト) 2009norikura08.jpg (44649 バイト) 2009norikura09.jpg (52193 バイト)
肩の小屋方面に山頂をのぞむ 眼下に乗鞍スカイライン(長野県側) 乗鞍大雪渓
2009norikura10.jpg (36587 バイト) 2009norikura11.jpg (37671 バイト) 2009norikura12.jpg (45747 バイト)
登攀意欲を駆り立てる 山頂に登山者が見える 登山口にて
2009norikura13.jpg (41213 バイト) 2009norikura14.jpg (39487 バイト) 2009norikura15.jpg (40539 バイト)
これもカールだろうか? あと一息 尾根を登っていきます
2009norikura16.jpg (47039 バイト) 2009norikura17.jpg (38317 バイト) 2009norikura18.jpg (54381 バイト)
山頂はすぐそこ 山頂(3,026m)にて 夏の間中宮司が駐在する社

《コメント》

乗鞍岳は日本で一番楽に登れる3,000m峰ではないかと思われます。
スタート地点である畳平の標高は2,702m。
高低差わずか300mの山登りで3,026mの頂に立つことができるのです。
本格的な登山の装備がなくても登れる山です。
実際、私達は中学生の一団が比較的軽装備で登ってくるのに遭遇しました。
彼らの多くはスニーカーでしたし、リュックではなく、デイバッグを背負っていました。

畳平には長野県・岐阜県両側からバスで行くことになります。
岐阜県側から行く場合の駐車場は、アカンダナ駐車場(有料)か朴の木平スキー場(無料)です。
アカンダナ駐車場からは平湯バスターミナルまでシャトルバス(無料)が出ています。
畳平までバスで来て、周辺を散策するだけという観光客も多く、
加えて、昔はマイカーで来れたと言うこともあり、
畳平の各施設はとてもしっかりしています。
畳平でトイレ(有料)を済ませ、肩の小屋まで一歩きします。
肩の小屋からが本格的な山登りとなるので、肩の小屋で休憩しましょう。
登山道に入ると、特に休憩場所に適したような所はないので、
適宜、立ち休みを繰り返しながら高度を稼いでいきましょう。

簡単に登れる山と言っても3,000mを越える山です。
天候の急変や空気の薄さから来る息苦しさには十分注意してください。